【保存版】ネット通販 (Amazon,楽天)で気を付けたい5つのこと

spojou-netshoping-5




ネット通販(Amazon、楽天市場)で気を付けたい5つのこと

あなたはAmazon、楽天市場で購入した時にトラブルや嫌な思いをしたことはありませんか?

本記事では、ネット通販で様々なショップで買い物をしていく中で様々な苦い経験をしてきた筆者が、Amazonと楽天市場を利用する際に気を付けたい5つのことをまとめました。

読んでいただければトラブルに巻き込まれる可能性を下げることができると思います。

spojou-netshoping-7

昨今、在宅ニーズやスマートフォンの普及によりインターネット通販のAmazon、楽天市場の利用者が増加しています。

ユーザーの増加に伴い、ネット通販事業の新規開業者や悪意を持ってネット通販に参入しているショップも増えました。

本記事の最後には、Amazon、楽天市場の利用で困った時に連絡できるモール運営の連絡窓口も情報をまとめています。ご参考ください。

詳細は、以下の目次から簡単に読むことができます。

※Amazon、楽天市場以外のネット通販全般を含む内容にしてしまうと気を付けるべき点が大きく増えることや、ネットセキュリティにも内容が及んでしまいますので本記事ではアマゾンと楽天市場に特化して内容を記載します。

 

1.欲しい商品の「ショップレビュー(口コミ)」を確認する

まず、これが一番大切です。購入前に販売業者のレビュー(口コミ)を確認することを行いましょう。

ここを最初に見ることで、ほとんどのトラブルを避けることはできますし、商品の購入検討の時間短縮につながります。

Amazon、楽天市場それぞれのショップレビューを確認する方法をご案内します。
 

【Amazonの場合】

パソコン版もスマホ版も共通して「カートに入れるボタン」の近くにあります。

販売元がAmazonの場合は、安心して問題ないと思います。
 
spojou-netshoping-1

「???」がショップ名になります。

ここを押すとページが進み「ショップレビュー、ショップの所在地、返品概要」などを知ることができます。
 

【楽天市場の場合】

スマホ版の場合は、商品ページの最下部に設置されています。

パソコン版は、ショップにより設置場所が異なります。
 
spojou-netshoping-2

「???」がレビュー数になります。

ここを押すとページが進み「ショップレビュー」を知ることができます。

楽天市場の場合は、レビュー数の下側に「会社概要、営業カレンダー」を知ることができます。返品概要については、会社概要の中から確認が可能です。

下記内容の口コミがショップレビューで見られる場合は、そのショップでは購入を見送った方が良いと思います。
 

【要注意な口コミ】

1.★1、★2、などの悪い傾向を示すレビューが定期的に並んでいる。

2.悪い口コミの中に「詐欺・偽物」という口コミがある。

3.悪い口コミの中に「トラブルが発生しそうな内容」の口コミがある。

4.ショップレビューが少なく、定期的にレビューが書かれていない。

上記内容が記載されている場合、ネットショップ運営が十分に行えていない可能性が極めて高いです。

気分が悪くなる可能性が高いショップで買う必要はないと思いますので、同等品か少し値段が高くても他のショップを探しましょう。
 

2.欲しい商品の「相場価格」を比較する

spojou-netshoping-6

ここも注意が必要です。誰しも安く購入したいのはもちろんですが、著しく安い商品は注意が必要です。

Amazon、楽天市場でも残念ながら模倣品(偽物)を販売している業者がいます。

もちろん運営元のアマゾンも楽天市場も模倣品の撲滅対策強化に取り組んでいますが、いたちごっこ的なところがあるもの実情です。

spojou-netshoping-3

相場と比較して妙に安い商品には注意が必要です。
 

3.欲しい商品の「発送方法」を確認する

spojou-netshoping-9

ショップ側から発送される発送方法は様々ありますが、主には「宅配便、メール便、定形外郵便」となります。

絶対に注意すべきは、定形外郵便です。

非常に安価で発送できるため追跡番号はありませんし、届かなかった場合などの保証も一切ありません。

荷物が届かなくてショップ側に確認しても「発送しました。」と言われたら、納得するしかないかたちとなります。

数年前までは、定形外郵便で発送するショップも多いように感じていましたが、最近では輸送事故やトラブルを防ぐために使っていないショップが多くなったという印象です。

欲しい商品が定形外郵便で発送される場合は、届かない可能性があるので注意が必要です。

「商品が届かなくてもOK♪全く気にならない!」という人以外は、宅配便商品と同梱して発送してもらうとか色々方法があると思いますので、注文前にショップ側に相談した方が良いと思います。
 

4.欲しい商品の「出荷目安・在庫状況」を確認する

アマゾンや楽天市場では、ショップからの出荷予定日やお届け予定日を記載しているところが多いです。

下記内容の発送目安などが記載されている場合は、注意が必要です。
 

【要注意な在庫状況】

1.「メーカー取寄せ」

2.「在庫確認後に発送」

3.「1~10営業日以内に発送」

1番の「メーカー取寄せ」は、皆さんご存知のとおりです。ショップ側が在庫を確保せずに販売しているので、手元にいつ届くか不明な状態です。

注文後、数日経過した後に「メーカーに在庫ありませんでした。」という経験ありませんか?あれはイライラする人は多いはず。

「いつ届いても良い!欠品していてもOK♪」という人以外は、「メーカー取寄せ」と表記されている商品は注文しない方が精神衛生上は良いです。

2番と3番は、発送日が曖昧すぎるところがトラブルになります。

自分の注文がいつ出荷されるのかが一切分かりませんし、10日後に発送されて届くのは注文日から約2週間後・・・。という可能性もあります。

どうしても早い出荷をして欲しい場合は、注文前にショップ側に相談した方が良いと思います。
 

5.ショップの「営業時間、営業カレンダー」を確認する

spojou-netshoping-8

色々なショップがありますので、変則な営業時間、変則な店休日を行っているショップがあります。

毎週月曜日が店休日になっていたり、今週に限って平日に3連休しているショップとか、土日は営業しているとか様々です。

注文前に確認しておくことで、おおよその発送日の検討がつきます。把握しておく事でお問い合わせも行いやすいと思います。
 

6.本記事のまとめ

以上、ネット通販(Amazon、楽天市場)で気を付けたい5つのことと題して記載しました。

欲しい商品が「怪しいショップ」にあった時に「自分は大丈夫だろう。」という根拠のないことは考えないようにした方が良いと思います。

レビュー以上のトラブルに巻き込まれる可能性もありますし、嫌な気分になる可能性があるのなら値段が少し高くても気持ちの良い買い物をした方が絶対に良いです。

アマゾン、楽天市場ともに多くのショップが誠実に運営されていると思いますが、どうしても極一部にルーズなショップや悪質なショップがあるのも事実です。

本記事で記載した内容を参考にしていただき、怪しいショップに当たらずに欲しい商品が購入できると良いですね。

万が一、トラブルに見舞われた場合は以下のお問い合わせフォームからモール運営元に連絡して解決策を聞きましょう。
 

【Amazonでのトラブル時】

◆ Amazon | ヘルプ&カスタマーサービス
 

【楽天市場でのトラブル時】

◆ 楽天市場 | 楽天グループ サービス一覧

◆ 楽天市場 | お客様チャットサービス
 

【この記事も人気です!】

spojou-mima-ito-necklace-5

【2021年版】伊藤美誠のネックレス。ブランド、商品を解説

【東京五輪】水谷隼のカラフルなネックレス。ブランド、商品を解説

sportsdepo-alpen-sale-matome

【2021更新中】スポーツデポ・アルペン セール イベント情報まとめ

【新発売】ナイキ マスク ベンチュラ― 口コミ,販売,製品情報まとめ

spojou-kiryu-bracelet

【東京五輪】桐生祥秀 ブレスレット(リストバンド)を特定。ブランド、商品を解説