水沢ダウンの人気が凄い。2018年FALL&WINTERモデルがデサント公式オンラインショップで早くも売り切れ多発中

mizusawadown-2018aw

水沢ダウン 2018年秋冬モデルを公開。誕生から10周年

DESCENTE(デサント)は、公式オンラインショップで"水沢ダウンジャケット"2018FALL&WINTERモデルを販売中。

水沢ダウン(MIZUSAWA DOWN)という名称を一度は聞かれたことがある方も多いのではないでしょうか?

デサントの水沢工場で生産される特殊技術を使い生み出される究極のダウンジャケット。世界中に根強いファンが存在します。

約8万円~15万円と高額なダウンジャケットにも関わらず、一部モデルやカラー&サイズによっては既に完売で次回生産未定の状態。この時期から完売が出るという異例の人気。

2008年に発売されてから記念すべき10周年目ですが、毎年寒くなってくるとほぼ全てが完売になりますので、興味がある方は在庫がまだ残っている時期に抑えておきましょう。

2018年秋冬の水沢DOWNラインナップは?

2018FWの水沢ダウンは、マウンテニア、アンカー、シャトル、ストーム、エレメント、トラヴァース、ハーフコートマウンテニアの全7種類を展開。

ストーム、エレメント、トラヴァースは2018年11月初旬頃の発売予定ですが、既に一部では予約完売も出ている状況。

以下は、メーカーリリースを引用して掲載。

マウンテニア (全4色展開+2018年限定カラー2色)

mizusawadown-bk-2018aw

アンカー (全4色展開+2018年限定カラー2色)

mizusawadown-アンカー-2018aw

シャトル (全4色展開+2018年限定カラー2色)

mizusawadown-シャトル-2018aw

ストーム (全4色展開)

mizusawadown-ストーム-2018aw

エレメント (全4色展開)

mizusawadown-エレメント-2018aw

トラヴァース (全3色展開)

mizusawadown-トラヴァース-2018aw

ハーフコート マウンテニア (全4色展開)

mizusawadown-ハーフコートマウンテニア-2018aw

引用元:デサントオルテライン公式サイト

どこで買うのが安心でお得?

高額かつプレミア品なので、購入する際は信用できるところで購入したいですよね。

残念ながら水沢ダウンの偽物は出回っているようです。偽物の販売業者としては希少価値が高い製品を無視するわけがなく、似たダウン製品を安く作ってタグやロゴをコピーしてという一連の流れで簡単に複製してしまいます。

水沢ダウンを毎年購入している人は偽物が届いたら分かると思いますが、初めて購入する方はその見極めは困難を極めることでしょう。

本物の水沢ダウンが誇る撥水性や保温性、着心地、縫製などはニセモノには絶対に真似ができないものです。

ネット通販で水沢ダウンを購入する場合は、"デサント公式オンラインショップ 楽天市場店"を利用する方が最善です。出荷までに少しお時間を要しますが"確実に本物"が手に入りますし、楽天ポイントも沢山貯まります。

【デサント公式オンラインショップ】

※サイト内に入ったら、検索窓に「水沢ダウン」と入力。すると水沢ダウンの商品一覧が表示されます。

さらに公式オンラインショップの安心な点があります。万が一、届いた水沢ダウンに製品不良品などの疑いが生じている場合は、商品到着後8日以内にカスタマーセンターに連絡をすると適切な対応をしてくれるということです。

徹底した検品を受けてから世の中に出てきている水沢ダウンですので、不良品などはほとんどないと思われますが、高額なので万が一のサポートがあった方が安心ですね。

あなたにあった水沢ダウンを見つけてください。
 

水沢ダウン 関連記事はこちら

◆ スポーツブランド情報局スポジョー | 水沢ダウン 関連

スポーツ用品の新着情報はこちら

◆ スポーツブランド情報局スポジョー | トップページ

デサントの注意喚起はこちら

◆ デサント | 水沢ダウンジャケットの模倣品に関する注意

 
以下は、メーカーリリースを引用して掲載

水沢ダウンについて

水沢ダウン。それは、オルテラインの源泉。ただ一着のウェアがひとつのカテゴリーを誕生させた、デサント内でも比類なき存在です。異彩を放つシンプルな佇まいの中に高度な技術が集結した、この高機能ダウンジャケットは、国内でも希少なダウンウェアの一貫生産体制を持つ、デサントアパレル水沢工場[岩手県旧水沢市(現奥州市)]の特殊な技術とこれまでに蓄積されたノウハウにより誕生しました。
工場の名を冠した水沢ダウンは、2008 年の誕生以来、これまでのダウンジャケットとは一線を画した機能性を提起し、世界中のファンに支えられ、今も進化し続けています。

引用元:デサントオルテライン公式サイト