セール情報、商品情報、キャンペーン情報のツイートも合わせてチェック!

2018世界柔道で日本代表が着ている柔道着のブランドは?

連日の熱戦!世界柔道2018

2018世界柔道選手権バクー大会では日本代表が大活躍中。2年後の東京オリンピックに期待が持てますね。

日本代表選手が、試合で着用している白い柔道着と青い柔道着ですが、いったいどこのメーカーの柔道着を着用しているのでしょうか?
ここでは、日本代表の選手たちが着用している柔道着について説明します。

※柔道日本代表応援グッズに関する内容はスポジョウ内の
2018世界柔道をミズノが日本代表応援グッズで盛り上げるをご覧下さい。

柔道着のブランドは?

柔道着は上衣やパンツなど全てが、全日本柔道連盟のオフィシャルスポンサーであるmizuno(ミズノ)が提供を行っています。TV中継では柔道着がアップになった際に映りますよね。

白い柔道着は”優勝”という名称で、青い柔道着の方は”優勝(ブルー)”という名称です。選手の着心地を追及しており、特殊製法「Made in Japan」を採用しています。

胴衣は全柔連規格であることはもちろん、IJF(国際柔道連盟)の規格も取ってありますので、日本国内外を問わず試合で着用が可能。

日本代表着用モデルには、左胸側に日の丸が縫製されていますが、一般向けに販売されている着用モデルでは日の丸はありません。そこが見た目の部分での大きな違いになります。

日本代表の着用モデルはいつまで販売?

ミズノが全日本柔道連盟のオフィシャルスポンサーを降板してしまった場合は着用モデル販売停止になりますが、実際はこの可能性は限りなく少ないものと考えられます。

ミズノと全柔連のスポンサー契約期間などは公に判明していませんが、長年に渡り日本代表はミズノの柔道着を着てメダルを獲得してきました。

ユーザーも柔道着はミズノというブランドイメージが強いので、ミズノは柔道競技のカテゴリは他社に明け渡すようなことはしないと思われます。また、ミズノは東証一部上場企業ですし、他の柔道着メーカーは非上場企業ですので全日本柔道連盟に対してのサポート力が違います。

 


 

以下は、メーカーリリースを引用して掲載
 

【全柔連・IJF新規格基準モデル】柔道衣(優勝/上衣)[ユニセックス] 品番:22JA8A0101

【全柔連・IJF新規格基準モデル】柔道衣(優勝/パンツ)[ユニセックス] 品番:22JB8A0101

【全柔連・IJF新規格基準モデル】柔道衣(優勝/上衣)[ユニセックス] 品番:22JA8A0127

【全柔連・IJF新規格基準モデル】柔道衣(優勝/パンツ)[ユニセックス] 品番:22JB8A0127

引用元:ミズノ柔道公式サイト

※柔道日本代表応援グッズに関する内容はスポジョウ内の
2018世界柔道をミズノが日本代表応援グッズで盛り上げるをご覧下さい。