セール情報、商品情報、キャンペーン情報のツイートも合わせてチェック!

張本智和 選手のシューズが判明。卓球ワールドカップ2018、ユースオリンピック2018にて着用

張本智和 選手が着用しているシューズは?

卓球ワールドカップ2018が2018年10月19日~21日の間、フランスのパリで開催されています。

今回の大会で男子シングルスベスト8に入った張本智和選手に注目。

張本選手と言えば、若干15歳ながら卓球の様々な大会で好成績を収めている選手。卓球を知らない人でも名前を知っているという人は多いのではないでしょうか?

スポジョウでは、張本選手が今回の卓球ワールドカップ2018と先日開催されたユースオリンピック2018で着用していた”青い卓球シューズ”を特定しましたので、手短にご紹介します。

張本選手着用シューズ3
引用元:日本テレビ

張本選手が着用しているシューズのブランドは?

張本智和選手が着用しているシューズのブランドは、Butterfly (バタフライ)になります。

張本選手は、バタフライとアドバイザリースタッフ契約をしているので、シューズもバタフライ着用。

どんなシューズ?

シューズ名は、レゾライン リフォネス。バタフライが卓球のトップ選手の意見、要望を聞いて様々な技術を搭載したシューズ。

張本選手の着用カラーはネイビーになります。

カラーは全3色(ネイビー、ライム、マゼンタ) 男女兼用でサイズ規格はネイビーのみ22.5cm~30.0cmまでのサイズ規格。他2色は22.5~28.0cmまでのサイズ規格。

品番93620 販売価格は12,000円(税抜)となっており、他の卓球シューズよりも価値を持たせた価格設定に。

張本選手と同じシューズが欲しい

着用シューズのレゾラインリフォネスは、販売ルート限定商品ではないようですので、店頭、ネット通販どこでも購入することはできるようです。

ネットショップを利用する場合、価格だけを見た場合はamazonが一番安い状況です。

東京オリンピックの時には、まだ17歳の張本選手。長期的に卓球界を引っ張っていく存在になることは間違いないでしょう。今後の張本智和選手の活躍に期待です。
 

以下は、メーカーリリースを引用して掲載
 

張本選手着用シューズ1 張本選手着用シューズ2

『レゾライン』シリーズのフラッグシップモデル
トップ選手のシューズに対する様々な要望を取り入れ、卓球に必要な機能をふんだんに搭載したハイスペックな一足です。

商品名 レゾライン リフォネス
品番 93620
価格 ¥12,000+税
発売日 2017年8月1日
カラー ネイビー(178)、ライム(107)、マゼンタ(228)
サイズ ネイビー:22.5~30.0cm(16サイズ)
ライム、マゼンタ:22.5~28.0cm(12サイズ)
アッパー素材 本体=合成繊維、補強部分=合成樹脂、人工皮革
ソール素材 ゴム、EVA
特徴 ビーアーマー ビーアブソーバー ウィングリップ ビーリッジ エスティービー 片止めシュータン
原産国 中国
※使用中に肌などに異常を感じた場合は、ただちに使用を中止してください

ビーアーマー(B-Armor)
アッパー前足部を剛性の高いKPU素材で覆い、大きく動いた時でも前足部をしっかりとホールドする。

ビーアブソーバー(B-Absorber)
前足部のアウトソールとミッドソールの間に特殊なスポンジを配置し、クッション性としなやかさを両立。衝撃を吸収しながら、その反発力によりバネのある動きをアシストする。

ウィングリップ(Wingrip)
特殊ウイング形状のアウトソールが、高いグリップ力を発揮して、正確な動きを導く。

ビーリッジ(B-Ridge)
かかと部分のミッドソールにブリッジ型を採用し、すり足によるフットワークをサポートする。

エスティービー(STB)
卓球特有の動きによるシューズのねじれを防ぎ、安定したフットワークをもたらす。

片止めシュータン
シュータンを内側だけ止めることで、プレー中にシュータンがずれるのを防ぎ、シューズのフィット性を高める

引用元:バタフライ公式サイト