セール情報、商品情報、キャンペーン情報のツイートも合わせてチェック!

アジアカップ2019 ボール公式試合球が11月30日に発売

アジアカップ2019 ボールはモルテンの公式試合球

molten(モルテン)は、来年2019年1月5日から開催されるサッカーAFCアジアカップで使用される公式試合球とレプリカ球の販売を2018年11月30日(金)より開始することを発表。

ボールの製品名は、「AFC アジアカップ2019」というまさかの大会名称と同じボールに。モルテンの意気込みが感じられますね。

販売は全国のサッカー専門店、スポーツ用品店、インターネットショップにて行われます。

◆ 楽天市場 | アジアカップ2019 ラインナップ

アジアカップ ボール 過去3大会はあのブランド

前回2015年、前々回2011年、さらにその前2007年に開催されたアジアカップ3大会では、NIKE(ナイキ)のサッカーボールでした。

サッカーの主要な大会で使用される公式球と言えば、アディダスやナイキがほとんどでしたので、その牙城に日本メーカーであるモルテンのサッカーボールが割って入るというのは驚き。

とは言っても、発売されているadidasブランドのサッカーボールの多くが、モルテンからOEM供給がなされており、アディダスブランドの名の下でモルテンのサッカーボールは、世界中のプレーヤーに認められた製品になっています。

あそこでボールがもう少し曲がっていたら、ボールが足元で止まっていたら・・・。というシーンが多く生み出されるアジアカップ。

選手のプレーはもちろんですが、サッカーにおいてボールは中心。

モルテンが発表した「AFC アジアカップ2019」は、どんな驚きを与えてくれるか楽しみです。

 
以下は、メーカーリリースを引用して掲載

アジアカップ 2019 ボール モルテン-1

■製品特⻑

⾼いコントロール性能
1. アセンテック構造
独⾃の熱接合技術により、⼿縫いでは不可能な、なめ
らかで継ぎ⽬のない表⽪構造を実現。どこを蹴っても
同じ感触が得られます。また、超低吸⽔性能により、
⾬天時にもほとんど⽔を吸うことがなく、プレイヤー
はベストパフォーマンスを発揮しやすくなりました。
(F5V5003A19U)

アジアカップ 2019 ボール モルテン-2

2. ⾶⾏安定性を⾼める表⽪加⼯
ボール表⽪のディンプル(くぼみ)加⼯により、⾶⾏
中の空気抵抗を軽減し、ボール軌道のブレを抑制しま
した。これにより、コントロール性能がさらにアップ
し、より⾼精度のパスやシュートが可能になりました。
(F5V5003A19U)

アジアカップ 2019 ボール モルテン-3

引用元:モルテン

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポーツ用品情報局SPOJOU(スポジョウ)では、スポーツ用品に関する情報を更新中です。少しでもサイトを気に入っていただけましたら、お気に入り登録やSNSでフォロー・シェアしていただけますと嬉しいです。

あなたのスポーツライフに少しでも役立てるサイトを目指して。