ヨネックスが中上級者向けのゴルフクラブ「EZONE CB 301」を2018年1月上旬に発売!

さらに上を目指す中上級者へ向けたゴルフクラブ

ヨネックスは中上級者のゴルファーを対象としたミッドサイズヘッドのグラファイトハイブリッド鍛造の『EZONE CB 301フォージドアイアン』を2018年1月上旬に発売します。

特設ページの記載によると、『EZONE CB 301フォージドアイアン』は、中上級者に向けてマッスルバックアイアンの操作性とキャビティアイアンの寛容性の両立を追求して開発したヨネックス国内自社工場製の本格的軟鉄鍛造アイアンです。
最大の特徴は、フェース裏側に複合させたG-BRID(グラファイトハイブリッド)構造を採用。スリット内部にグラファイト制振材を複合することで、振動を抑え打球感が向上するのに加え、深・低重心化が可能となり、見た目以上のやさしさを実現し、さらに本体の軟鉄素材を新製法の真空熱処理を施したことで、一般的な軟鉄アイアンよりも硬度が約20%軟らかくなり、プロや上級者が好む打ち応えと高いコントロール性を実現しています。
本クラブを使用した韓国の女子プロゴルファーのキム・ヒョージュ選手はこの『EZON CB 301』に対して「今までにない柔らかい打球感でフェースに長くのる感じがすごくいい。ヘッドの操作性も高くコントロール性にも満足しています」とコメントを残しているようです。
 
以下は、メーカーリリースを引用して掲載

引用元:ヨネックス公式サイト

ブランド名YONEX ヨネックス
商品名 EZONE CB 301アイアン
発売日時 2018年1月上旬